MENU

口臭サプリが効かない原因

口臭サプリが効かない原因

会話をしている時の相手の何気ない行動で自分は口臭がしているのだろうか…と気になった経験をされたことがある人も多いと思います。

 

目の前で臭い息をされるもげんなりとするものですが、自分自身もそんな口臭がしていたらと思うと相手に申し訳なく、また会話をするのが怖くなりますよね。

 

口臭予防のための口臭対策グッズは今数え切れないほど販売されています。その中でもサプリメントはお手軽なのもあり、愛用するという人も多いことでしょう。

 

しかし、口臭サプリメントが口臭対策として効果を「本格的」に発揮できるのは胃や大腸などの内臓が原因で口臭が発生している場合のみです。

 

臭いがきついものを食べた、膿栓がある、歯周病が原因となっているような口臭に関してはサプリメントは基本的に直接的な効果は望めません。

 

口臭サプリメントを飲んでもなかなか口臭が改善されないといった場合は臓器の問題ではなく、口の中にある可能性が高いです。

 

口臭サプリが効かない原因

この場合は歯科医院に行き、歯周病の進み具合、膿栓の有無(あれば取り除いてもらう)を見てもらうと口臭が改善されるケースが多いです。

 

口腔内が原因の口臭は原因をシャットアウトすることが大切です。

 

口臭予防は人に会う前は臭いのきついものを食べない、歯磨きを徹底する、うがいをするなど基本的な予防が大切です。

 

さらに、二次的に口臭予防として口臭対策サプリを飲めば、気になる効果を期待できる可能性は高まります。

 

自分の臭いはどこからなのか。体の不調も一緒に抱えている人は、口臭サプリメントで自分の口臭が改善されるかどうかまずは試してみてくださいね。